2008年04月13日

最近のイギリスらしい出来事@

先月の29日(土)に日本からお客さんがみえました。私はお客さんを迎えに空港へ行くことになっていました。
到着ターミナルをチェックしないとね。

...えっ?タ、ターミナル5?

きゃーーーーー、どうしようーーーーがく〜(落胆した顔)


このターミナル、総工費45億ポンド(約9000億円)をかけて2002年9月から着工された新ターミナルで、先月27日にオープンしたばかり。世界一処理能力の高い荷物運搬用コンベアを売りにしています。このコンベアによって、空港利用客数が満杯状態のヒースロー空港でよく起こる、到着しても預けた荷物がずーっと出てこないという問題を、一気に解決する予定だったんです。

が、

コンベアは早く動くんだけど、そのコンベアで送られてきた荷物を飛行機まで運ぶ、あるいは飛行機からコンベアまで荷物を運ぶ人手が圧倒的に足りなかったんじゃよね。

特に27日はオープン初日ということで、多くの職員が、新ターミナルの職員専用駐車場の場所がどこか分からず右往左往し、空港に到着してから車を止めて持ち場に入るのが遅れたんです。荷物担当の職員も然り。そしてやっと持ち場にたどり着いたら着いたで、新しいコンピューターのログインの仕方がわからなくてシステムに入れずオぺレーションができない...とまるで、喜劇じゃないの〜るんるんという状況だったとのこと。

こうして、最初の確か4便は普通に離陸できたものの、後続の飛行機は、荷物担当者の手が足りずに荷物が飛行機まで辿り着かず、なんと、飛行機が荷物を全く載せないで何便も飛んじゃったんですって!!
結果、どこに行ったらいいかわからない荷物が集荷場にあふれ、便名間違えて他の飛行機に積まれちゃった荷物も続出。ターミナルは混乱し、欠航が相次いだ(60便ほど欠航してました)ということに。

到着便の荷物も、コンベアまで行くのに4時間とか5時間とかかかったりして大変だったとのこと。

AN●に勤める友人が、この日、乗り換え便でターミナル5を使うお客さんをアシストしに(AN●、JA●はターミナル3なので、直接的な被害はなかった模様)空港に行ったのですが、ほんと、大混乱だったそうです。
相次ぐ欠航にアナウンスも表示も間に合わず、お客さんが自分の乗る予定の飛行機が今どうなっているのか聞きたくても、カウンターに職員はおらず、やっとこさ職員捕まえても、何聞いてもわかんない...みたいな。

うえ〜ん、私のお客さん、こんなターミナルに飛んでくるんですかーーー?!
やめてほしい!!

でも、AN●の友人曰く、「あの日(27日)、BA夜遅くまでミーティングやって、すごく頑張ってたよ。だから、多分今日(29日)は大丈夫だよ」とのこと。

その彼女のコメントに望みを託し、空港へお迎えにあがりましたよ。
そしたら最初っから飛行機が2時間遅れの到着ということになっていました。
16時半ごろの到着が18時半に。
え〜、これで荷物の出てくるのが4時間もっかったら、ど、どうしよう...
とドキドキ待つこと2時間。そしたら、皆さん出てきてくださいました!手(チョキ)
2時間って、空港に飛行機着いてから出てくるまで結構長い待ち時間なんですけどね、それでもこの非常事態の中では短く且ありがた〜く感じましたですよ。

手配していた送迎車の運転手さんにも言われました。
「今日は早かったね〜。昨日のお客さんは同じ飛行機に乗ってきて、夜中1時まで出てこれなかったよ。ラジオで、今日までに紛失している荷物は15000個もあるって言ってたよ」ですって。


それにしても、イギリスってすごいです。BAの社長さん、この混乱はBA職員の新しい場所とシステムに対する不慣れが原因である、と認めながらも辞任など全くしませんから。
日本で同じようなことが起こったら、社長さん謝辞して、即クビでしょうねぇ。

日本は、事前に間違えの起こらないようにと、綿密に計画を練って予行演習を何度も重ねて、前日も何度も確認してみたいな国。一方、イギリスは不備があるかもしれないけど、とりあえず動かしながら考える国。ほんと、国民性違うよなぁって、こういう国家事業に準じる大規模なオペレーションのやり方を見て、再確認たしました。

あ、今回ターミナル5のオペレーション、予行演習はしたらしいですけどね、演習の規模が百人位と小規模で、当日の万単位のお客さんに対応するには不十分だったようです。演習に参加した人からしてない人へ連絡全然行っていなかったんだろうなぁ。グループワークのできない人たちだから...

2012年のオリンピック、ちゃんとやれるのかな...(ぼそっ)

posted by minira at 01:03| ロンドン ☔| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不幸中の幸いでしたね。

あれ、よくわからないのですが、BA(航空会社)の責任なんでしょうかね。それともBAA(空港管理会社、スペイン資本)なの?
BAAだったら、スペインのせいに(?)出来るんですけどね。

日本では、空港管理会社の外資規制の賛否の議論の際、英国のBAAの例を「外資導入の例」として、規制は好ましくないと主張した政治家がいるそうですが。

毎日が英国らしい出来事の連続・・・お互い頑張りましょうね。
Posted by ローレン at 2008年04月13日 07:59
どうしよう。ハラハラ。二十四日の帰ロンはBAなんですよー。

きっと、まだ混乱は続いていることでしょう。日本のように躍起になってトラブル解決に努めるということはありえないからね。
BAはディレイもヨーロッパの航空会社で一番多いし、荷物のトラブルでも有名だし、めしは思い切りまずいし、座席は狭いし、雑誌のチョイスは少ないし、…と永遠に続く…いつもは絶対に避けているんだけど、マイレージの関係と値段でそうなっちまったの。
いやな予感がするー。
Posted by moonhigh at 2008年04月13日 10:15
>世界一処理能力の高い荷物運搬用コンベア
わははー
響きがいいねえ。

自分が被害にあわない限りは「イギリスだねー」って笑ってられます。ごめんなさい(笑)

J○Lめしも思いきりまずくなってるそうですよ(笑)

Posted by Luna at 2008年04月13日 13:41
>ローレン君、
あの混乱は、BA、BAA両方の責任だったみたいですよ。でも、ターミナル5はBA専用のターミナルなので、BAの職員が圧倒的多数勤務しているし、BAのために作られたターミナルですから、このターミナルのオペレーションの最高責任者はやっぱりBAの社長さんになるのかな...っていように報道されていますよね。だからBAAよりBAがうんと非難の矢面に立っています。
が、実際は、BAの社員もBAAの社員も当日空港で迷って持ち場に全然到着できなかったり、コンピューター操作できなかったりしたのは同じです。

でも、このBAの社長さん、非難の矢面に立っても、自分の所為じゃないも〜ん、職員の所為だも〜ん、って感じのとこが個人主義のイギリス人らしいですよね。

>moonhighさま、
ターミナル5、先週末には通常営業に戻れるとの(最初から失敗続きで何をもって通常営業というのか謎でありますが:笑)予定だったのが、大雪で再び混乱!と言っておりました。
でも、今週末にはさすがに落ち着いた様子ですよ。それに、ヨーロッパ便の運航はすぐに荒れるそうなんですが、長距離便は比較的安定しているらしいので(AN●の知人談)、今月24日だったら、もう大丈夫でしょう!
Good Luck!です。
ご飯食べに行きましょうね〜。

>Lunaさま、
はい、AN●の友人が現場の話を教えてくれたときに、他にも日本人が数人いたのですが、皆、「やっぱ、イギリスだねー。外さないでやってくれるねー」って笑っていました。

その時、わたくしだけがマジでした。(笑)

でも、ほんと、普通、飛行機荷物積まないで飛びませんよね?
積んだか積まないか、最終確認しないのかしら...
あ、もしかしたら最終確認する人がいなかったのか...

いやー、ほんと、こういうところがむっちゃイギリスっぽいです。(笑)
Posted by minira at 2008年04月13日 17:37
『みんな慣れてなかったんだから仕方ないじゃん。』こうゆう居直り方、わたすけっこう好きかも。自分が被害に合ったら困るやろうけど。あはは。
あやくシステムと作業に習熟してくれるよう祈ろう。そもそも頑張るちう意味が分からないのかも知れんけどね。
Posted by 青グリン at 2008年04月15日 11:18
荷物の受け取りがスムーズということでランキングされたことのある関西国際空港のシステムにはナミヘーがいっちょ噛んでいるらしいです。
ナミヘーにターミナル5の話をしたら「ありえねー!!」といってました。

でもこの事件の顛末「イタリアっぽいね」「フランスっぽいね」と、どこの国名を入れても違和感ないですね。日本だったらヘタすると責任とって自殺する人が出てきそうです。そう思うと「仕方ないじゃん」で開き直れる国のほうがいいのかも。
Posted by きんぎょ at 2008年04月15日 20:28
>青グリンちゃん、
>そもそも頑張るちう意味が分からないのかも知れんけどね。
問題が生じたターミナルのオープン日、かなり夜遅くまで職員が真剣にミーティングしてたようなので、彼らなりに頑張ってはいるだと思うのらよ。でも、その頑張りの度合いが日本人のレベルとあまりにも違うので、拍子抜けするのでしゅ。

じゃが、よ〜く考えてみると、きんぎょはんも言っているように、他の国の人もイギリス人と五十歩百歩。日本人のがんばり度合いが世界基準をはるかに超えているということなのかも...ね。

この国に住んでもうすぐ丸9年。私自身も日本人の基準から考えると、あまり頑張れない人間になってしまいますた。そこそこ頑張ればいいや〜って、だいぶ精神的にゆるく生きています。日本の会社勤めには、もう体も心も適応できないかもしれないなぁ。次の仕事の拠点がこれまたゆるそうなフィリピンで良かった。(笑)
Posted by minira at 2008年04月16日 03:26
>きんぎょはん、
おお、ナミへーはんは関西国際空港のシステム作りに関与したんですか。大きな仕事してますねぇ。格好いいねぇ。

そのナミはんが、「ありえねー!!」って言ってましたか。そうですか。でも、こっちではこういうありえないことの連続で...だから、ありえないことのはずなのに、「やっぱりねー」という反応をしてしまいますわ。(笑)
私の職場の人(オランダ人)なんて、27日からホリデーで海外に行ってたのですが、はじめ英国航空(BA)を予約したのに、この日にターミナル5がオープンだと知った時点で、わざわざ他の航空会社に変えてたんですよ。新ターミナルのオープン日なんて絶対問題起こると思ったから、最初っから避けたんですって。そこまでするかーと思ったけど、大正解ですたね。(笑)

キンキンのおっさる様に、よく考えると他の国もまあ似たり寄ったりなのかも。日本だけがやたらめったら、命まで縮めて、頑張りすぎなのかもですね。日本人は、生きるために頑張っているのか、頑張るために生きているのか、わからないなーって思うこと、たまにありましゅよ。
Posted by minira at 2008年04月16日 04:04
日本では考えられないことですよねー。
『仕方ないじゃん』いいなあ、この考え方。
でも自分が何時間も待たされたらきっとブッチギレテルと思います。
Posted by ひより at 2008年04月16日 23:37
うちの姉が17年前にヒースローでロストバゲージしたことを、未だにブーブー言っております。結局出てこなかったなあ。
「イギリス人は『ものごとはうまくいかなくて当たり前』という考えが根底にあり、そこがキバらない感じでいい。アメリカ人は完璧なものを理想として努力する。そこが偉大なところであり、ウザいところでもある」というようなことを、わたくしの尊敬する翻訳家の方がどこかで書いてました(文章は例によってうろ覚え。でも大意はこんな感じだったと思います)。
ミニーの記事読んで、うん、なんか分かるかもーと思いました。
オリンピックで何が起こるか、ちょっと楽しみ♪
Posted by にんじん at 2008年04月17日 14:33
おはよう! 朝起きたら外は真っ白。今3度です。

ミニーの周辺の人はどうでしょうかね、わたしの周りの人たちは、天才的に言い訳が上手です。
何か問題が起こると、瞬時にその理由を説明しだします。予め用意してあるのかな?と思うぐらい、すぐに。もちろん自分が悪いのではないという、責任転嫁です。

日本からは「あってはならないこと。今後の対策を立てること」といかにも日本的な事を言ってきます。
ここに来たての頃、関係者から事情を聞いて対策案を日本に出してましたが、そのうち彼らの言っていることは、真の原因なのではなくて、全部言い訳だという事に気がつきましたよ。

このいい加減な(≒おおらかな)英国社会から日本への復帰、わたしにはもう不可能な気がします。
Posted by ローレン at 2008年04月17日 16:53
>ひよちゃん、
この国に住んで、交通機関のちょっとやそっとの遅れには鈍感になりました。10分に一本来るはずのバスが30分以上来ないなーと思ったら、3台並んできたり...というのは日常茶飯事です。
飛行機も、特にBAのヨーロッパ便は1時間、2時間の遅れはよくあるし、キャンセルもしょっちゅうです。7月に友達の結婚式でミラノに行った帰りに飛行機がキャンセルになり、ロンドンに帰るのに次の日の一番早い便に変わりました。それが翌朝再びキャンセルされて...あの時は、一生帰れないかと思ったよ。(笑)

日本にたまに帰ると、すべてがスムーズで、マジックのように感じます。

>にんじんさん、
NYに住んでいる友達が、「ニューヨークでもロンドンで起こるようなこと起こるわよ」って言ってたけから、そんなもんだと思ってたけど、よく考えたら彼女は国連で働いていたので、彼女の職場の人たちは、アメリカ人ばかりじゃなかったんだわ。
そうそう、そういえば、メリル●ンチに勤めている友人は、メリルのNYオフィスとLondonオフィスに出張で行くと、NYはせわしくてなんだか落ち着かないんだけど、Londonではくつろげると言っていました。
やっぱり、アメリカとイギリスは明らかな差があるようですね。アメリカ人ってもともとイギリス人だったのに...ね。
あ、でも、これでもイギリス、ヨーロッパの中で一番残業が多い国らしいですよー。
Posted by minira at 2008年04月18日 03:57
>ローレン君、
昨日の夜から朝にかけて、寒い風が吹くなぁと思ったら、そちら雪が降ったんですね。でもさすがに4月も半ばを過ぎると、太陽光線がだいぶ強くなってて、日中陽が当たっているところは風が寒くても暖かく感じます。

こっちの人は言い訳が多いとはよく聞きます。でも、私は個人的にあまり言い訳を聞いたことないの。昔の彼氏ぐらいだわ。(笑)
Posted by minira at 2008年04月18日 04:05
日本人は確かに頑張るけど、その理由の一つは、学校で、職場で、社会で、頑張ってるかどうかを常にまわりから見張られているからだと思うんです。
だったら、見張られてないときはサボってもいいかっていうと大間違い。
「見る人はちゃんと見てくれている」なんて言い方で、人が見ていないときでも頑張ることを促されるんです。つらいわつらいわ。
イギリスでは、まじで誰も人のことなんか見ていない。誰も見張っていない。
だから、こっそり頑張ったりしたら、ただバカを見るだけです。
Posted by moonhigh at 2008年04月18日 17:12
Moonhighさんの
>常にまわりから見張られているから
に全く賛成です。

日本から出張者が来ます、しばしば。
来る前の日程表には、あれ打合せ、これ打合せ・・・って、もうびっしり出張の課題が書いてあるわけ。
でも、実際はちょっと話したら後はフリータイム。いつも残業続きの人たちなのに、3時過ぎになると今日はこれぐらいにしましょうかって言い出す。

誰からも監視されていない海外出張が彼らの息抜きになっている現実。
日本社会は哀しいなとは思うけど、息抜きのお手伝いをしているのかなと思えば、別に腹もたちません。

当然ながら、後日、非常に中身の濃い出張報告書が送られてきます。
Posted by ローレン at 2008年04月18日 18:09
イナモトがまだ小学生の時のことです。

「ジャックがあんまり言い訳するんで、先生に怒られた」
「なんて言って?」
「バッサー、バッサー言うなって」
「バッサー?」
「But、Sir(でも、先生)」

あんまりしつこくて、先生も嫌になったんでしょうね。

Posted by Luna at 2008年04月19日 09:32
>moonhighさま、
イギリスは、キリスト教の国なので神様が見ているってことはないんですかねぇ。
ま、英国国教会だから...ね。(笑)

とりわけロンドンは、人種もごっちゃごちゃに混ざっていて、誰がどこで何していようが誰も気にしない。伸び伸びとできますよね。

>ローレン君、
日本人にとって、海外出張はもちろん息抜きでしょう!海外赴任している方だって、ロングバケーションを楽しんでまーすって方、非常に多いですよ。あまりにも日本での生活が大変だから帰りたくないよーって、帰任前にブルーになっている人も結構多いです。

>Lunaさま、
「バッサー、バッサー」ですか。(笑)

なんかその場面が目に浮かびますわ。
頑張って言い訳したのに怒られちゃってすねちゃったりしてね。うふふ。
Posted by minira at 2008年04月20日 03:18
こんにちは。お久しぶりです。
お元気ですか?って聞かないのが、優しさってものかなとも思ったのですが・・・。

おとといロンドン地下鉄でお酒を飲んでいい最終日でしたよね。車内酒盛り画像にミニーが映らないか探しちゃいましたよ。(嘘です)

寒い日が続きますね。
北では菜の花、ブルーベルに続き、今、西洋サンザシの花でピークの丘が真っ白ですよ。

じゃぁね〜、お元気で。
Posted by ローレン at 2008年06月02日 20:47
>ローレン君

すいません。ずっと自分のページを開けてなかったので、コメントに気づきませんでした。
あっという間に5月が過ぎて6月ももう最終日。ひゃ〜。

私は元気にしていますよ。
今週末はLunaさんと遊んでいました。新しい記事、中途半端ですがライブであげました。密度濃く遊んで、もう、何から書いたらいいか分からない〜ということで、時系列で書き始めたのですが、最初の2,3歩でタイムオーバー。あとは、Lunaさんに投げちゃおうっと(笑)、という感じです。

イギリス最後の夏ですから、はじけております。(笑)
Posted by minira at 2008年06月30日 03:12
28日振りのコメント返し。熱く受け止めましたよ(笑)。とにかく小型火焔怪獣の生存が確認できてよかったです。

ロンドンのことは全然わかりませんが、今年の北はとっても寒くて、暖房を入れる日もあるし、セーターも手放せません。
まぁ去年のように、洪水で家が水没する状況よりはずっと良いのですが。

ミニーには遠く及びませんが、私の英国生活もかなり長くなり、自分もこの国の一員であるかのような錯覚に落ち入ることがあります。
でも、結局のところ、日本人は日本人。ハ○セ君のような勘違いをしないよう気をつけなければと思いました。

英国のこの短い夏が終わればミニーともお別れ。
その前に・・・

最近のイギリスらしい出来事A よろしくねっ(笑)。
Posted by ローレン at 2008年06月30日 18:08
>ローレン君、
そうですよね、去年は北は洪水で大変だったのよね。
で、今年は雨は昨年ほど多くないけれど、曇りが多くて風も冷たいんですよね。地球温暖化と言われていますが、実は氷河期に突入してるんじゃないのー?な〜んて思えるほど、ロンドンもこの6月はさぶかったです。
(やっと先週末から晴れ間が多くなって日中は半袖でいられるようになって、ほっとしています)

私のロンドン滞在もあと4カ月弱。やや寒いといっても夏から秋にかけてのいい季節、思い残すことがないよう、エンジョイいたします。
ということで、今日もこれからオペラを見にいくのらよ。
こうやって、アフター5に、机の前に座らなくなってしまったので、ブログもなかなか更新できないのですが、まあ、できるだけ頑張って、「もう最近じゃないけどイギリスらしい出来事A」(笑)そのうち書きますね。
Posted by minira at 2008年07月01日 01:29
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93155773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。