2008年03月10日

春が来てた!

私の家の周りは、ちょっとした森や公園があって散策に適したところなんですが、ここのところ週末に仕事をしなくちゃいけないことも多くバタバタとしていて、全然歩き回っていなかったんです。まあ、冬だったしね。木枯らし吹く中、犬も飼っていなければ、なかなか散歩という気にもならないですもの。

が、先週末、天気がよくて久々に心に余裕もあったので、朝、バケット(フランスパン)買いに隣の駅前の美味しいパンやさんまで散歩がてら出かけました。

そしたら途中で、こんな風景が...


アーモンド・チェリー

ピンクのアーモンドチェリー(桜)の枝が、優しい風に吹かれてそよそよと揺れています。
桜の下には白、うす紫、黄色のクロッカス。
いや〜ん、超キレイ!

いつの間にか、外はすっかり春の景色に変わっていたんですね。
びっくり。

最近の私、忙しくて心にゆとりを失っていた模様。こんなに明らかな季節の移り変わりに全然気がついていませんでした。
こんなことではいけないわ。なんだか全然私らしくないわ。
「生きること」をもっと楽しまないと!

色々と考えた末、今回博士号を取るの断念しました。
論文は、現在書いているチャプターを完成させたら、全体としては未完成だけどひとまず終わらせることにします。それで、もしこのテーマに対して興味が持続するようだったら、老後に時間とお金がたっぷり出来た時にでも、今回書いたものをベースに追跡調査して仕上げることに。その時本当に勉強したかったら、今までやった勉強うまく生かせるでしょう。

ここまでやってきて(6年も)中止はもったいないような気もするのですが、

春の訪れも感じられないほど感覚が麻痺してまで、ガツガツ論文書いて博士号とったって、それが自分にとって何になるのか。将来研究職に就くわけでないのに。
興味があって勉強始めたわけで、その興味が大方満たされた今、博士号とらずに終了することがそんな悪いことなのか。
ロンドンにあと半年ちょっとしかいないのに...ビジネス始めるまでに半年ちょっとしかないのに...他にやることいっぱいあるんじゃないのか。

と考えたら身動きできなくなってしまったのです。
ああ、何も考えず突っ走らなければ博論終わらない時期なのに、立ち止まっちゃったよ。


ってことは終わらないってことじゃな、と判断。

かくなる上は、とっとと見切りをつけて、タガログ語の勉強でも始めようかなと思う今日この頃なのでありまする。

 
posted by minira at 16:49| ロンドン ☔| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ってことは終わらないってことじゃな、と判断。

ひゃー、強いですねえ。
『戦略的撤退』っていうもの?
うん、ミニーの決断にはいつも潔さがあって、羨ましくなります。
論文の件は6年かけたのに、もったいない、、、と自分だったら思ってしまいそうです。

しかし、『「生きること」をもっと楽しまないと!』には大賛成!
タイムリミットが迫っているのなら、尚更、今を大切にしなくっちゃ!ですよね。
うんうん、私も刺激を受けました。
いつもありがとうございます。

日本も、色々な花が開花していますよ。
春を楽しみましょうね♪
Posted by ぺこぽこ at 2008年03月10日 18:08
「選択と集中」 最近流行の経済用語ではありますが、人生も同じようなもの。
一つを選択すれば、他の多くを犠牲にせざるを得ないことは、当然ですものね。

私など、マラソンの残り3Km地点で棄権したら、いつまでもグチュグチュ悔やみ続ける性格ですが、ミニーはスパッと竹を割ったような性格とお見受けするので、気分一新、残りの英国生活を存分にエンジョイください。

わが町も、桜、クロッカス、スイセンが咲き乱れ、とてもハッピーな気分です。
Posted by ローレン at 2008年03月10日 18:54
ここ数日、手袋なしでチャリに乗ってもへーき♪
そんなことで春を実感しているワタクシです。

あっちでもこっちでも選択の春ですね。
自分にとって今本当に必要なモノ、自分が今本当にしたいこと、それを見据えての取捨選択は美しい。

「取捨」と書いたけど、論文は決して捨てるわけではなく保留にするんですね。「今は置いておく」の決断、「いずれいつかは」の執念深さ。ナイスです。

タガログ語でまくしたてるミニー、見てみたいぞ。いや、何言ってるかわからんだろうけど。(笑)
Posted by ひそそか at 2008年03月11日 01:40
うわ!コメント書き込んだらスキンが替わった!!!
Posted by ひそそか at 2008年03月11日 01:42
>ぺこちゃん
どうもお久でーす。
もうここんとこ物理的にも心理的にも余裕が無くて、記事も書こうと思ってから1週間も経っちゃうし、ぺこちゃんのお部屋も読み逃げで失礼させていただいておりました。しゅみません。
今回止めるーって決めましたが、ここまで来るのに色々と葛藤はあったんですよ。

実は、去年の3月から指導していただいている新しい先生の指導にちとついていけないかも...ということも理由としてあったの。
彼女すごく熱心で私の多くのことを教えてくれようとするいい先生なのだけど、いかんせん今まで5年間ついていた先生と学問的アプローチがが異なるので、私にとっては大変な負荷なのであります。今までの先生は実践重視で、彼女は理論重視。それで、今書いているチャプターも、理論的に弱いからっていう理由で何度書き直しても彼女からOKが出ない。で一つのチャプターに4ヶ月近くも経ってしまった。これじゃ、いつまでたっても全体書き終わらんよ。あああああ。でもここまで来たら終わらせるべきだよなぁ。あああああ。

という感じで悶々としていたのです。
そうしたら冬が過ぎてとっくに春が来ていたというわけ。
それでなんだかピンクの桜がば〜って咲いているの見たら、目が覚めたの。10月末までに終わらない可能性の高いものにしがみついて悶々としているんだったら、もうスパッと切り替えたほうがいいんじゃないかなって。悶々として立ち止まってしまう、その時間がもったいないんじゃないかなって。

本当に今のテーマを勉強したかったら将来時間が出来たときにまた勉強に戻ってくればいいんじゃないかなと、そのときに今回の勉強をベースにすればいいんじゃないかなと思ったら、今止めるのが愚かなこととは思わなくなったの。
それに、将来もしかして戻ってくるかもしれないと思ったら、今の先生からも自分が出来る範囲で学べるものを学び取ろうって気持ちになってきた。
今までは、ひえ〜、そんな先生、難しすぎる要求出さないでよ〜ってばかり思っていたんだけどね。ふふふ。
Posted by minira at 2008年03月11日 02:44
>ローレン君、

>ミニーはスパッと竹を割ったような性格

ってワケでもないんですよ。ぺこちゃんのレスにも書きましたが、ぐじゅぐじゅしてましたとも。
でも、博論、今回は停止しますが、それが一時停止なのか一生の停止となるのかは、自分が後で決めればいいこと。やりたかったらやれるときにまた戻ってくればいいさって考えたら、そのぐじゅぐじゅがすっきりしたんです。

私ストレスをあまり抱え込まない人間なんで、長生きするよ〜って皆に言われるんですよ。だから、老後の楽しみにこの勉強取っておいてもいいかな〜って、そしたらなんか今まで勉強しなくちゃしなくちゃって重かった心が、すと〜んと軽くなったし、なんか楽しみが増えて嬉しいわぁなんて、そんなおめでたい私です。

そうよね、学問は本来興味を持ったことを追究することだから楽しいはずよね。締め切りに追われてひ〜ひ〜言って、適当に仕上げてハイ終わりってものじゃないはずよね。
そんな風に学問の基本を再確認した、再生の春!という感じでしょうかね。ふふふ。
Posted by minira at 2008年03月11日 03:00
>ひそちゃん、

>論文は決して捨てるわけではなく保留にするんですね。「今は置いておく」の決断、「いずれいつかは」の執念深さ。ナイスです。

あんがとー。そうなの。今のテーマを、20年後にでも再び追うことにして、それでリサーチデータを比較するのも面白い取り組みかなと思えてきたの。っていうか、きっとそっちの方が学術的には貴重な取り組みなんじゃないかなって思う。

そうやって考えたら自分の気持ちがいい感じで落ち着きました。そして、今までよりももっと前向きに苦戦しているチャプターと向かい合えそうです。ふふふ。

真剣にタガログ語もやらねばです。友人にフィリピンの人を紹介してもらおうっと。
Posted by minira at 2008年03月11日 03:17
二兎を追わずに仕事の準備に専念することにしたんですね。先生が代わったのも、季節が変わるのも次へと後押ししてくれた結果になりましたね。
特に春はムズムズとなにかしなくちゃって気にさせるもんね。
論文かかえての新規事業準備、腸忙しいやろうなと思って、実は少しだけ心配してたの。ミニちゃんだからやっちゃえるのかな、とも思ったけどね(^o^)。せっかく何年もかけて取り組んだことだから、やっつけるように済ませるより、持ち越してさらに深く取り組む洗濯じゃなくて選択もいいのじゃないかと思いました!何よりミニちゃんが新規事業に打ち込めてスッキリしてる様子が伝わったから、応援してますよー。
ロンドンに暮す春は最後かな?ミニちゃんが引っ越すにあたって、休暇の少ない私にもフィリピンなら時間的に会いいに行けるようになるなと思ってるのエヘヘ。
Posted by 青グリン at 2008年03月11日 10:25
>青グリンちゃん

博士の方は6年間もやってたから、これで終えないと敗北感とか挫折感味わうんじゃないかなと思っていたんですが、なんか急に学問の本質って勝ち負けとかそういうことじゃないよなってことに気付いた...というか、そうやって自分を納得させるようにしたの。そしたら素直に納得できた。ふふふ。

実際に友人たちにも、えーここまえやって止めちゃうの〜もったいない、と言われていますよ。でも、同時に、事業の準備も大切だよなぁってそうも言われます。

それにしても、私と博論の勉強って、結婚直前に長い春に終止符を打つ恋人同士みたい。
あなたが嫌いになったわけじゃないの。でも、あなたとはこのまま先には進めないわ。ごめんなさい。ごめんなさい。もし二人の恋が本当だったら、きっといつかあなたとまたやり直せることでしょう。楽しいこと苦しいこと、たくさんの思い出を有難う。また会う日まで、さようなら...

なんちって。(笑)
Posted by minira at 2008年03月11日 16:23
実家の近くのナッツの会社で、毎年この時期になるとお庭を開放してアーモンドのお花見をさせてくらる所があります。桜と良く似た綺麗な花ですよねー。長年見てなかったので、写真で見れて嬉しいです。ありがとう。
(っって、アーモンドチェリーって桜だったのか。そうなのか)

みにーがよく考えて出した結論、応援します。みにーのように、しなやかに進化していくのは素敵なことですね。
軌道に乗せるまでは大変でしょうが、体に気をつけてね(飲みすぎ注意(笑))。

私も「生きること」を楽しみます!
Posted by ひより at 2008年03月12日 01:42
老後の楽しみ(笑)

そうそう、いま、博士号とらなかったからって、今までやってきたことが無駄になるわけじゃないです。miniraちゃんの血となり肉となっていますよ。
残り少なくなったイギリス生活楽しんでくださいね。

イースターは今年はいつでしょう?



Posted by Luna at 2008年03月12日 08:57
>ひよちゃん

>アーモンドチェリーって桜だったのか。そうなのか

アーモンドチェリーというぐらいだから、チェリーブロッサムで桜の一種と思っていましたが...
ちょっと調べてみました。
アーモンドとサクラ(チェリー)は「バラ科サクラ属」までは一緒だそうです。でもアーモンドは「モモ亜属」、サクラは「サクラ亜属」とのこと。
ふむふむ。なるほど。

本当のサクラとはちと異なるようですが、従兄弟ぐらいのかんじでしょうかね。

アーモンドもサクラも、花もきれいだけど実も美味しい!いい木ですよね。

>しなやかに進化していく
素敵な言葉を有難う!!この言葉から出てくるイメージ大好きです。ほんとそうやって進化していきたいです。
お酒のみ過ぎないように注意するねー。(最近毎日宴会だけど...さすがに毎日はきつい。シクシク)

>Luna姐さま

老後は長いですからねー、やることがあるっていいですよねー。(笑)

>今までやってきたことが無駄になるわけじゃないです
私もそう思っています。実際に、今までの勉強の経験も次のビジネスにしっかり生かすことができます。英語での読み書きが苦でなくなったのも勉強がんばったからですものね。

今年のイースターはすごく早くて、なんと3月。21日がグッドフライデーで、24日がイースターマンデーです。今年は旅行はせずに家の周りを歩き回って春を満喫しようかなと考えています。
Posted by minira at 2008年03月12日 21:33
あれやらなきゃ、これやらなきゃ、と、こちらも悶々と悩み続けていた鈴木でございます。
ああ、すごくよくわかる。(論文とかビジネスとか、鈴木とはレベルが違うけど…)
あれ?こりは断事観三昧か?と思ったもん。笑

春が来ると、目が覚めますね。
今、気持ちをどこに向けなきゃいけないのかが、はっきりわかる。悩んでる時間はもったいない。
春になっただけで、なんだか新しい力がわいてきます。

こだわってきたもの、今まで頑張ってきたものを一旦中止する決断って、結構たいへん。まして6年もやってきた世界を保留にするなんて、よっぽど次に控えている世界に魅力がなかったらできましぇん。

あと半年なんですね。
どうぞ、素晴らしい状態で、半年後のその日をむかえますように。

今のみにー、とってもオーラが出ている気がしますぞよ!
Posted by 鈴木 at 2008年03月15日 12:28
えらいよー。勇気のいる決断をよくしたな、と思います。人生、拾うより捨てるほうが何倍も難しいもの(だから、家の中にゴミが増えるのか)。
本当はあれもこれもやりたいけれど、一日は二十四時間しかないし、一週間は七日しかない。無理をすれば体を壊して精神も病んでしまう。

まだ空気はピリッと冷たいのにあらゆる花がいっせいに咲き乱れる、哀しくなるくらい美しいロンドンの早春。大きな決断をして身軽になった今、思いきり楽しんでくだされね。
Posted by moonhigh at 2008年03月17日 11:12
なかなか英国までは遠く、訪問ができなくてすみません。
我が家の周りの桜も固い蕾が膨らんできています。

今更ながら「もったいない」という言葉は「モノ」に使う言葉なんだなと思いました。
学業に「もったいない」はしっくり来ないですね。
6年をかけて学んできた学問が中途になる・・・それまで学んできた経過が反故になるわけではないですもんね。再開するにしても最初よりはずっと進んだ位置から始められる。
そして今はそのときではない・・・。
集中すべきことを見失わない姿勢はさすが「快獣さん」です。

ハート型のわっかの放射能を回りに振りまきつつ、新たなステージへ突き進んでください。
でもその前に、半年あるんなら少しは休もうね。
Posted by 銕三郎 at 2008年03月17日 12:33
成り行きに任せてみたり、敢えて決断して踏ん切りをつけてみたり。人はいろんな方法で道を選択しているように思います。
決断すると気持ちが前に進みますね。春は芽吹きの季節、今までの6年間が肥やしとなって、いいツルがのびていくことでしょう(とりあえずツル。花はもう少し先にとっときます。笑)

最後のロンドンの春、満喫してくださいねー。
Posted by カブ子 at 2008年03月18日 13:21
お友達はちゃんと3月17日に来ましたか?
Posted by yas at 2008年03月18日 21:28

あ、久々の電報コメント。
そういう私も、久々のコメントです。

ほんと、春ですねえ。早春のロンドンの写真、きれいだわ〜。
日本も春ですよ。桜にはまだ早いけれど、あちこちで沈丁花の香りがします。花粉も黄砂も元気よく飛び交っています(涙)。

今回のエントリを読んで私が思ったこと、みんながすっかり上手な言葉でまとめてくれていました。
何かを始める決断より、中断する決断のほうがずっと難しい。現状をしっかりと見据えて、それをしたミニーは偉い…というようなことを思っていたら、moonhighさんが短い言葉でピリッと表現していました。「人生拾うより捨てるほうが何倍も難しい」うーん、さすがエッセイスト。

あと半年のロンドン生活、ミニーらしく楽しんでね!





Posted by にんじん at 2008年03月19日 00:13
moonhighさまと共通のお友達が今月二人も帰任になり、連日連夜お別れ会という飲み会でバテバテのminiraです。
そして明日は、Tutorial。いよいよ先生に博論を途中でストップすると伝えます。先生にどういう風に話そうかなーと思案中。

お返事遅れて済みません。明日ゆっくり書きますね。
Posted by minira at 2008年03月19日 05:04
うまく先生とお話できたでしょうか。

いっせいに花が咲き乱れる季節がまたやってきましたね。ロンドンの春を満喫してくださいね〜
Posted by きんぎょ at 2008年03月19日 21:47
>しゅじゅきさん

>春になっただけで、なんだか新しい力がわいてきます。

そうなのらよ。3月になって暖かくなってくると体や心の中からパワーが沸き出てきますよね。

でも...実は今年の3月は、暖かかったの最初の1週間だけで、あとはズーッと寒いの。寒くて寒くて...明日からイースターなのに、1月より寒いじょ。日はどんどん長くなるのに、すごく中途半端で変な気分です。
なんか乗り切れないっていうか...

なので、明日から4連休はホットヨガに通うことにしました。そして体の新陳代謝を高めて、自家発電するのだ。うしし。ヨガで精神統一もできるといいなぁ。

昨日先生と「学ぶということは何だ」ってことについて話し合いましたよ。なかなかいい話し合い出来ました。

>moonhighさま、
空気、ピリッと冷たいどころか、体の芯まで冷えちゃう今日この頃で、せっかく咲いたアーモンドチェリーも、強風と雨にあおられて、大分散ってしまいました。私の傘も今月2本壊れました。トホホの早春です。

ま、でも勉強やめるって決めたらなんだかすっきりしました。寒いけどすっきり。

今日ビビさんが日本に向けて旅立ちましたよ。おぎゃさんは26日。そちらでキャッチしてくださいね。
Posted by minira at 2008年03月21日 02:55
>銕三郎さま、

>今更ながら「もったいない」という言葉は「モノ」に使う言葉なんだなと思いました。

確かにそうですね。ほー。銕三郎さま、上手いことおっしゃいますね!
6年間やった勉強で身につけた知識とそれを基に養われた判断力等は、実際に今の仕事にすごく役立っているんです。あと、きっと次の仕事にも役立つ。
「博士」というタイトルは持っていれば格好いいですけど、まあ今まで身についたものをちゃんと活用してきたし、これからも活用できるなら、それだけでも十分だわと思う今日この頃なのであります。

ところで歯医者にはしっかり通ってますよー。と言っても、予約が混み混みで、5週間に1回30分間の予約しか入れられませんけど。
でも痛みはすっかり消えました。
歯痛が消えたことも、この春すっきり出来たことの一つの要因かも!です。

>カブ子さん、
蔓がつるつる〜っと青空に向かって伸びて行く様子を想像したら、なんだか嬉しくなってきました。
雨ばかりで暗くて寒い今年のロンドンの3月ですが、心は明るく春爛漫で行きたいと思います!うふふ。

>yas兄ぃ、
お久しぶりです。お忙しそうですね。
3月17日、友遠方より無事来たる!でございました。
友人+その父母と私とで楽しくイタリアンいただきましたよ。

この日は3件はしごでした。お別れ会2つに、このお食事会。酒浸りの毎日。イースター休暇は、ホットヨガでデトックスです。
Posted by minira at 2008年03月21日 03:18
>にんじんさん、

>花粉も黄砂も元気よく飛び交っています(涙)。

今日yahooニュースで写真入の黄砂情報読んだんですが、すごいことになっているんですね。私が日本で生活していた時は、黄砂なんてなかったのに...
近視矯正の角膜手術絶対に受けよう!という気持ちが強くなりました。

必要に迫られて、にんじんさん、moonhighさんのお仕事にもちょこっと近づきそうです。アドバイスいただくこともあるかもしれませんが、先輩、その時はどうぞよろしくお願いしま〜す!

>きんきん、
先生とじっくりお話しましたよ。で、先生もほっとしたみたい。(実際どうやって論文終わらせるのかな〜って思ってたのかも)

お仕事の後任探しも始まったし(一人オフィスだからこの辺の動きは早いんです。引継ぎに時間かかるし、ビザのこともあるし)、勉強も辞めると決めたから、これで退路は完全に断たれました。
ということで、面舵いっぱい!前に向かってどんどん進むのじゃ〜!

あ、でも、前ばっかり向いていないで、周りの景色もよく見るようにするよ。生活も楽しむ。うしし。
Posted by minira at 2008年03月21日 03:42

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。