2007年04月23日

お花畑シリーズ チューリップの巻

リージェントパークは、あのピューリタン革命で処刑されたチャールズ1世の時代(1600−1649)には、ロイヤルファミリーのお狩場でした。
今は敷地のほとんどが一般ピープルの為の公園となっていますが、管理は女王の承認の下に環境大臣が任命する王立公園管理官によってなされています。女王様の名にかけて、がんばって管理していますから、ものすごーく手入れが行き届いているんですよ。


ここはバラも見事ですが、チューリップの花壇も非常に凝っています。18日のブログでも派手に載せたんですけど、そんなの序の口。


ね、この通り。


そのこチューリップ好きのおねえさん、どうぞ満喫されてくださいねっ!
あ、そこそこ、そこのリス君、球根掘らないよーにっ!


チュー 
ピンクと薄紫のチューリップが白いちっちゃな花に引き立てたれてかわいらしいです。 どこかのお母さんが赤ちゃんを花壇の前にちょこんと座らせて写真を撮っていましたが、赤ちゃんにぴったりの優しい色合いです。
リップ
ところでこの白い花の名前はなんというのでしょう?よく見かけるのに名前がわからないでくやしいなぁ。デイジーじゃないし...
どなたかご存知でしたら教えてください!


ちゅう
「目元の涼しげな麗人」というイメージがわいた花壇。
りっぷ
紫と白と青のコンビネーションが涼しさを引き立てています。 


この色の組み合わせ、なんか気に入った。パチリ。
すみれ色チューリップ
すみれ色に黄とオレンジを混ぜると、’60のロンドンのストリートファッションみたいになるんですね。

それにしても、このバックのオレンジ色の小さな花...形からするとスミレみたいだけど、こんな色のスミレあるのかしらどうかしら。
これもご存知の方がいらしたら教えてくださいまし。宜しくお願いいたしまーす。


正統派の赤チューリップももちろんありますよ。
こんな感じで。
そこにも

随分と背の高い立派なチューリップだったなぁ。


きりがないほどいっぱいさまざまな色形で咲いていました。

どの花見てもきれいだな〜♪


*******


まだまだあるのよ。
追加しちゃおうっと。


さいた


チューリップの花が


並んだー並んだー


可能姉妹みたいな色気のある花 

「続きを読む」が出ていますが、続きはありません。
どう操作しても、「続き...」が消えてくれなかったの。
posted by minira at 05:18| ロンドン | Comment(27) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さい白い花は、やっぱりデイジーじゃないかと思うんですが、ポンポンデイジーじゃなかったかな?違うかなー。似たような花、近所でも雑草で生えてます。
菊の仲間なら種類が多いです。名前が知りたいですねー。私はリビングストン・デイジーとゆうのが好きなんです。PCで見てみて、カワイイよ。
花がいっぱいだと気持ちがいいな〜。
Posted by 青グリン at 2007年04月23日 10:53
うわあっ!
すごく綺麗なお庭。いいなー。こんな所に行ってみたいよー。この前の記事の森にも行ってみたい。
それに、人が少なそうなのが魅力ですね。日本だとどこでも人がわんさかいて(自分もその一人だけど)、人酔いしちゃうのですー(と、繊細ぶってみる)。
Posted by 麒麟 at 2007年04月23日 10:56
>青グリンちゃん
いらっしゃーい!
この白いのは、ポンポンデイジーっていうんですね。グーグル映像見ました。ほんとだほんとだ。よく見かけるけど、いったいなんていう花なんだとずっと思っていたの。デイジーのようででも花びらの形が違うかなーとか思えて。
すっきりしました。ありがとー。

リビングストン・デイジー、華やかなデイジーですね。このリビングストンって名前、あれ?もしかして...って思ったら、やっぱり。この花、1856年にヨーロッパ人として初めてアフリカ大陸の横断を成功させてビクトリアフォールを命名したあの探検家、デイビッド・リビングストーン(イギリス人)が南アで見つけてきた花なんですね。
私、ジンバブエに友人がいるので、ビクトリアフォールには一度行ったことがあるんですよ。そこに立ってたリビングストンの銅像を写真に撮ってきたりしてるので、なんだか親近感のわくんです。そうか、この花は、彼がアフリカで見つけてきた花なんですねぇ。成る程ねぇ。と感心しましたです。

>花がいっぱいだと気持ちがいいな〜。
おしおし、また近々新しいお花の群れを載せるからね。もっと気持ちよくなってね〜!ふふふ。

>麒麟さま
あ、僅差で2番でしたね。既に河童さんが花壇の傍にしゃがんでいたんですけど、色が緑で同化しててわからなかったかな?(笑)

そうなんです。すごくきれいなの。それも無料!こんなにきれいに管理されててタダの公園、なかなか世の中に存在しないと思います。

この写真はお昼休み12時ちょっとすぎに撮りました。こちらの人はお昼13時過ぎにとるから、だからまだ空き空きだったんです。
午後とかあと週末は結構人で混みます。

新宿御苑の混み方と一緒ぐらいかなぁ...
あ、でも、あそこは入園料がありましたね。
Posted by minira at 2007年04月23日 21:43
色・いろ・色・いろ♪
いろんな色があるんるんるん♪

うーん。うつくしいなあ。
Posted by みか at 2007年04月23日 22:41
>みかさん

そう色とりどりで美しいんです。春なのよー、春!
ところで、みかさんのお友達の鈴木さんにも読んでいただきたいと思って、世界史の年号など入れてみました。宜しくお伝えくださいねっ。
Posted by minira at 2007年04月24日 01:04
ほんとにきれいですねー。天晴れリージェントパーク!天晴れ王立公園管理官!
チューリップって、すごくいろんな種類があるんですねー。昔、チューリップ熱を題材にした小説を読んだことがあるのですが、夢中になっちゃう人がいるのも分かるなあ。
いつか百花繚乱のロンドンに行ってみたいです。
Posted by にんじん at 2007年04月24日 02:07
>すみれ色に黄とオレンジ
この組み合わせきれいですね。
オレンジ色の小さな花はビオラですね。
たぶん、これかなぁ。
http://seeds.thompson-morgan.com/euf/en/product/7118/1

Posted by LoonyLuna at 2007年04月24日 16:07
わー、綺麗だ!さすがに女王様の名にかけて手入れがされてるだけの勢いがあります。素晴らしい。こんなに素敵な公園に無料で入場できるのですか?税金納める価値がありますね。
Posted by 花子 at 2007年04月24日 21:30
こんなにキレイに撮れるんですね〜。
うらやますい。 (^o^)
澄んだ空気も映っているようです♪
Posted by アキラ at 2007年04月25日 01:20
ふはー、何て綺麗なんでしょう。色合いが素敵ですね。すみれ色とオレンジって相性がいいんですね。新発見。
この公園の入場料タダ、このブログの拝観料もタダ。ありがたいこってす。発信してくれたminiraさん、ありがとう。つかれた目が生き返りました。
Posted by カブ子 at 2007年04月25日 04:46
>にんじんさん
>天晴れ王立公園管理官!
ほんと、思わず、「万歳!」って叫びたくなるほど、天晴れですよ。

変わった形のものは18日の写真の方にたくさん写ってますので、どうぞこちらもご覧くださいね。

この公園のチューリップ花壇は、配色とか丈の長さのバランスとかのアレンジも絶妙で美しく、見ていて全然飽きません。たまに1本だけ違うチューリップが混ざってることもあるのですが、(そうですよね、球根見分けるの大変ですものね)それもまたこの国らしくてご愛嬌です。
ところで、チューリップ熱を題材にした小説って、何ですかー?興味あります。タイトルわかったら教えてください!

是非、花のきれいなときにイギリスにいらしてください。北極の氷が解けきってしまう前に必ず!北極の氷が解けきると、気候が変わってこうやって一挙に美しい花の咲く国でいられるかわからないそうですよ。
Posted by minira at 2007年04月25日 21:46
>Loony Luna様
あ、ほんとだ。「ビオラ」だ!教えてくださって有難うございます!ビオラってパンジーの野生種なんですって。へ〜。

スミレ色とオレンジと黄色の組み合わせに緑がまざると、サイケチックなかんじですよね。
Posted by minira at 2007年04月25日 21:52
>花子ちゃん
エリザベス女王陛下の名にかけて、この公園は世界で一番美しく管理されねばならぬのだぞーという勢い感じますでしょ。うふふ。
そう、無料なのよ。お得なの。だからほぼ毎日のように昼休みに出かけていって、目が真っ赤になるのよね。困ったことだ。
ロンドンは無料の公共施設(博物館とか美術館とか)が結構あります。ロゼッタストーンだってタダで見れるんだよー。ビクトリア女王時代に市民を教育しようという趣旨で立てられた無料施設の名残だと思います。

そのかわり、税金半端じゃないほど高いですよ。>ね、Loony Luna様!

>アキラ師匠
よーこそいらっしゃいました!
師匠のところに携帯について書きに行こうと思ったのですが、私の携帯で写真を撮っても、ネットにつなぐという高度なことはできないので、その写真がPCの画面でどのように出るかなどとは語れないということに気付き、足踏みしていたのでした。

きれいな空気もとれているようですか?そういえば雨が降らない割には(今日は珍しく雨空ですが)空気が澄んでいますね。とくにこの公園は清潔に保たれているからそう感じるのかもしれません。ゴミ一つ落ちていませんもの。

>カブ子さん
ここにもサイケ調のお好きな方が。
疲れ目が癒されたのですね。良かったです!
もともとの花の色も美しいのですが、結構強い太陽の光の下で、その色がきらめいて、益々綺麗に感じるんですよ。
タダということでありがたみも増し、幸福感も一層増大する気がします。

カブ子さん、お引越しなどでお忙しいでしょうが、あまりご無理されませぬように。
Posted by minira at 2007年04月25日 23:22
>ところで、チューリップ熱を題材にした小説って、何ですかー?

デボラ・モガー(Deborah Moggach)著、「チューリップ熱(Tulip Fever)」という本です。イギリスの小説みたい。3年ぐらい前に読んだんだけど、面白かったですよー。
amazonのページ貼っておきますね。でもminiraちゃんなら、そっちで原書買うほうが安いかもしれないね。
Posted by にんじん at 2007年04月26日 01:08
>にんじんさん、
おお!!これはアムステルダムが舞台の小説ではありませんか。ジモティ花子にうってつけです。読んでみよう!
Posted by 花子 at 2007年04月26日 17:04
ふわぁ・・・・!!
なんて素敵なシリーズを始めてくれちゃったの?!miniraちゃん。
ホントにすごいですね〜。ああ行ってみたい。
チューリップって、葉も花びらも厚くてしっかりしているでしょう。とても「健やか」なイメージがあって好きです。
「目元の涼しげな麗人」の花壇、綺麗ですね。こういうカラーイメージで、何かビーズのアクセサリーを作ってみたくなっちゃったわ。
Posted by ひそそか at 2007年04月26日 19:35
>花子さん
そうそう、アムステルダムと言えば花子さんでした! 面白かったので、ぜひぜひ。
たしかキーラ・ナイトレイ主演で映画化決定が決まったはずだったんですが、こちらでは話題になったおぼえがないですね〜。日本には来なかったのかな。
映画化決定といいながら、頓挫しちゃうことってよくあるんですよね…。
Posted by にんじん at 2007年04月26日 22:33
なんて綺麗…!!癒されます。。。私も行ってみたい!

ウチのぴぐ子も目をハート形にして喜ぶでしょう。ディズニープリンセスの世界みたいだから。
そちらは本物なので、美しさも桁違いですね。

私事ですが、妹が日本を恋しがっているので、救援物資を送ることになりました。送料などを調べていたら、英国独自の「送っちゃいけない物リスト」を見つけました。
気持ちは分かるけど、リストにされると面白いものが結構ありますね。
「不潔な衣類及びぼろ布」とか「恐怖物語、そのレコード又は映画」とか。
思わず笑ってしまったのが「あざらしの皮」。
誰が送るんだろう…。
Posted by ぴぐみん at 2007年04月27日 00:26
きのうおとといとコメントくださった皆様、有難うございます!とっても嬉しい気持ちで読ませていただきました。
ここ数日ばたばたしていて、ちょっとレスが遅れますがお許しくださいましです。
Posted by minira at 2007年04月28日 21:59
えっさ、ほっさ。戻ってまいりましたー。遅くなりましてすみません。

>にんじんさま
デボラ・モガーのチューリップ熱ですね。何々?「繁栄を誇る17世紀のアムステルダムに燃えあがる豪商の若妻と貧しい画家の不倫の炎」ですって。あっらー。じゅるじゅるじゅるっ。興味深々です。

>花子ちゃん
7月に会うときまでに読んでたら貸してけろー。

>ひそそかさま
作品お待ち申しておりまするー。出来上がったら是非是非ブログ公開してください!
チューリップ、特にこの花壇で栽培されたものは、肥料も水も十分に行き届いているからか、肉厚で大きくてすごいです。バラみたいな八重の花びらゴージャスチューリップもあったするんですよ。健康美を通り越し、叶姉妹みたいな豊満な感じがしますです。(笑)

>にんじんさま again
映画化途中で頓挫しちゃったようですよ。ジュード・ロウが主役だったんですね。見てみたかったなぁ。関連記事貼っておきますね。

>ぴぐみんさま
救援物資を妹さんに送ってあげるなんて、なんて優しいお姉さま!私にもそういう姉様が欲しかったです。(私長女ですから姉はいないんですが、妹弟もきっと同じように感じているに違いないなー:笑)
ところで「アザラシの皮」なんて送る人いるんでしょうかねぇ...

確かにこれだけチューリップが咲き乱れているとディズニーのお姫様がどこぞに座って花を摘んでいるような気がしますね。が、実際にこの公園でそれをすると、法律違反で捕まってしまいます。

あ、でも、この公園のバラ園では、よく結婚式の写真を撮っている新婚カップルがいて、あながちお姫様がいる園といってもうそでないかもですよ。

目がハートのぴぐ子ちゃん、とってもかわいらしいでしょうねー。うふふ。想像して思わず微笑んじゃいました。
Posted by minira at 2007年04月30日 05:48
こんちー。
私も最近ばたばたたしています。
やっとコメントしに来ましたよー♪

チューリップ、日本の花屋さんも店先を飾っています。でも、薔薇等に比べてそんなに種類を見ないのは、切り花としては、弱いせいかしら?

チューリップって、所謂、誰もが想像する、あのカップの状態は5分咲きで、満開になると、大きな花になるのですよね。
なので、私は花壇のチューリップをずっと愛でるのが好きです。

素敵、素敵、miniraさん♪。
まさに『どの花みても〜♪』ですね!!
Posted by ぺこぽこ at 2007年04月30日 20:40
>ぺこちゃ〜ん

いらしゃいませ〜♪

>あのカップの状態は5分咲きで、満開になると、大きな花になるのですよね。

そうそう。それで、開いたときに色や形に違いが出ることもあって、なかなか目が離せないんです。

昨日もリージェントパークに行ってきました。チューリップは7、8割終わったかというかんじでした。次はバラの季節です。早咲きの種は既に5分咲きでしたね。バラ園でどんどん大きくなるつぼみを観察するのもかなり楽しいです。

今日もお弁当もって行ってこよっと♪
Posted by minira at 2007年05月02日 15:45

イギリス政府も罪なことしますね〜。
ジュード・ロウぴったりすぎの役回りだったのに。見たかったなあ。

今度はバラ記事でしょうか? 楽しみにお待ちしてます♪
Posted by にんじん at 2007年05月03日 00:10
>にんじんさん
そう、Taxについてはシビアですよー。そんな固いこと言わんでイギリス映画の制作を奨励するためのサポートシステムとして多少規模を縮小しても抜け道存続していいんちゃう?と記事読んで思いました。
道理で有名なイギリス人監督も俳優もみんなハリウッド映画に行っちゃうわけですよねー。

ジュードとキーラの共演、見たかったなぁ。残念。

バラに行く前に、青い花特集にしようかなと思っています。が、週末ドイツに白アスパラガスを食べに行くのでその記事も書こう思っていまーす。
Posted by minira at 2007年05月04日 16:51
ヴィクトリアマイルのデータ満載!オッズ・枠順・出走馬情報!弊社が収集した極上データを惜しみなく公開!最新の情報を現地からお届けします!勝ちにいく予想はここから
Posted by ヴィクトリアマイル at 2011年05月03日 10:50
盛岡の皆さん、そしてその周辺の地域でお住まいの皆様、おまたせしました!!出会い掲示板の盛岡版がついに登場!地元密着型の出会い掲示板で新しい出会いをぜひ体験してみて下さい!
Posted by 盛岡 出会い at 2011年05月22日 01:16
素人童貞にコンプレックスを感じてる男子諸君!!そんな心配はこの素人童貞卒業プロジェクトでおさらばしよう!!童貞男子好きの肉食系の女性が集まるこのサイトで童貞を奪ってもらおう!!
Posted by 素人童貞 at 2011年06月10日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39713788

この記事へのトラックバック

贅沢な春
Excerpt: 日本は縦に長いので、桜前線は北へ、北へと春の到来を告げて移動します。 本州を席巻した桜前線は、もうじき北海道に到達するそうです。 桜前線には、もうひとつ動き..
Weblog: 突発・游虫〜とっぱつあそびむし〜
Tracked: 2007-05-12 00:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。