2006年07月13日

本日も晴天なり

ロンドンは雨の多い都市とかつてよく耳にしたものですが、ここ数年ロンドンを含む南西イングランドは毎年のように水不足。今年も庭の芝生の水撒きが禁止されました。(かわいそうな芝生たち、なんとか生き延びてね)
アジサイが燦々と照っている太陽の下で、バラの花と競い合うように咲いています。日本にいるときはアジサイって雨の花だって思っていたのですが、雨が降らなくても元気に咲くのね。ここは酸性の土壌が多いようで、赤いアジサイをよく見かけます。バラも手入れがいいとひと夏に何度も新しいつぼみをつけるので、いまだに目を楽しませてくれています。

今日も雲ひとつない晴天!
ぴっかぴっかのお日様が青い空に君臨晴れ
気温は現在28℃とのこと。

え、たいしたことない…て?
そ、そうだよね…29℃にオフィスの温度を設定してクールビスを実践している日本の方々には28℃なんてちょろいもんですよね。

でも、

1.除湿機もクーラーもついていない
2.建物の構造が冬用で暖が逃げないようになっている。つまり、非常に風通しが悪い
3.小さな道路挟んだ向かいのビルが解体中でとんでもない騒音。よって絶対に窓が開けられない
4.ブラインドがちゃんと閉まらなくて、窓から強い日光が容赦なく射している
5.そして、なんなの?このヨーロッパ北部にあるまじきねっとりと身体にまとわりつく湿度

という私のオフィスは、扇風機「強!」にしても暑いんです。

暑い〜暑い〜暑い〜暑い〜

今日は朝から水2リットル飲んじまったぜ。
普通、オフィスワークで2リットルの水は消費しませんよね...
あ〜あ。この国多くの人たちのように昼真っからパブで冷たいビール飲みたいじょ〜

先週はこの状況下、32度だか33度まで気温が上がり、ぐったりしていました。
天気予報で32,3度といっても、直射日光下、コンクリートの照り返しのあるロンドンの実際の気温はもっと高いはず。道路のアスファルトもかなり柔らかくなっていましたもの。

実は、私、先週、少し細めのヒールのサンダルを履いて、そそそっと車道を横切っていたところ、一部柔らかくなったアスファルトに、ヒールがズボッと埋まってしまい取りだせなくなったんです。
慌てましたよ〜。靴必死で引っこ抜きましたよ〜。抜けなかったらロンドンの目抜き通りで危うく交通渋滞招くところでした。がく〜(落胆した顔)

ちなみに向かいのビルは解体作業3週間にしてやっと建物の六分の一が処理された模様。
のろすぎるよ。
ああ、いったいいつまで暑さの中でこの騒音と振動が続くのじゃ〜
地震のないイギリスの建物は耐震構造というものに無縁です。よってお向かいがドカンドカンとやるたびに、こちらのビルもドスンドスンとゆれるのです。

この夏は試練よのう...もうやだ〜(悲しい顔)

ふぅ。
こんなに暑いと今年もアイスランドの氷がかなり溶けちゃうんじゃないかなぁ、心配だなぁ、
と思ったこの瞬間、カキ氷が無性に食べたくなりました。

そうそう、昨日のコメントではカッパさんが、宇治金時、ミルク金時、ミルク宇治金時のどれを頼むか迷う〜なんて、贅沢な悩みを告白されてましたね。

ううう、

う〜ら〜め〜し〜や〜。

おっと、間違えた。

う〜ら〜や〜ま〜し〜。

カッパさんのお皿の中の冷たいお水で泳がせて〜!

posted by minira at 00:18| ロンドン | Comment(31) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。