2006年06月28日

素敵なLoony Lunaさま(きゃ)

ひそそか様の裏窓を使わせていただき、渡英中のLoony Lunaさまと待ち合わせをして、無事逢瀬を果たしました。
25日(日)12時。場所は、知る人ぞ知る昔の若手俳優広岡瞬さんがホールマネージャーをしている和食レストラン「さくら」。

そのレストランまで、ドアtoドアで30分のところに住んでいるMinira。ちと時間に余裕を持って自宅を40分前に出発。が、地下鉄が来ないんだな〜、これがっ!

ロンドンの地下鉄、現在、初乗り3ポンド(600円←超高っ!がく〜(落胆した顔))、オイスターカード(日本のスイカと同じシステム)を使うと割引で1.5ポンド(300円←これでも高っ!)。なのに、遅れるわ遅れるわ遅れるわ遅れるわ。ふらふら
ちなみにロンドンの地下鉄で働く職員は有休が52日も認められていて、頻繁にお休みします。もうちょっとでも暑い日が続くと、運転手さんのお休みが増えて、「今日は○○線が、運転手不足により大幅に遅れています」なんてお知らせが出るのです。

ここのところお天気続きのロンドンですし、それに何より土曜日は午後4時からワールドカップイングランド戦。だからお仕事お休みの運転手さんも多かったのでしょう。この日のお昼、私の電車もなかなか来なかったのでございました。

ということで、5分の遅刻。Minira急ぎ足で「さくら」へ。
ぜ〜ぜ〜は〜は〜。
やや、お店の前で、女性が赤いバッグを振っているぞ。
おお、あれがまさに目印のバッグ!


きゃ〜exclamation×2 Loony Lunaさまっぴかぴか(新しい)
ハグッ黒ハートちゅっキスマーク


Loony Lunaさまは、とてもお優しい、お書きになる文章そのままの落ち着かれた雰囲気の方でいらっしゃいました。お話していると、話相手の私の心がす〜っと落ち着いてくるような、そういうお方。

そしてそしてLoony Lunaさまのお隣には…稲本選手サッカー似の若者がっ!

息子さんであります。
Loony Lunaさまのところの稲本君はもうすぐ18歳。ラグビーで鍛えた逞しい体の持ち主。背も高いし足も大きい(なんと29センチですって)、そして流石、Loony Lunaさまの息子さんだけあって、miniraおばさんがどんな話題を振っても、にこにこと丁寧に答えてくれる好青年君でした。
おばさんは嬉しかったぞぇ。

ところで、ブログで日常的におしゃべりしている方に初めて会うときの感覚って、とても不思議ですね。初対面なのに、旧知の間柄の方に久しぶりに会ったような懐かしい感覚。ジョージさまがひそそかさまを大学生時代の恋人に似ているように感じたとおっしゃったのよくわかります。私の場合は、Loony Lunaさまが、なんだか自分がはるか昔に小学校に勤務していたときにとてもお世話になった先輩の先生に似ているな〜と思いました。

自己紹介もそこそこに、話題はサッカーから始まり、イギリスの教育、息子さんの将来の展望など、いくらでも広がり続け、あっという間にお昼の時間終了。余りにも楽しかったので翌日の夕食もご一緒させていただきました。

Loony Lunaさま、本当に楽しいお時間を有難うございましたexclamation×2
そして、日本からのお土産、バウムクーヘン(!)も有難うございました。そのお心遣いがとってもうれしかったですハートたち(複数ハート)
今旅行中のドイツ人のフラットメイトが帰ってきたら、これが日本のバウムだぞとちょっと味見させて、いただこうと思います。
そのうちウインブルドン観戦テニスの模様も、教えてくださいね〜。

そして最後に、ひそそかさま、本当に素敵な出会いをつくってくださって有難うございました!ひそそかさまの窓は、大きく開いた出会いの窓です。
是非是非そのうちオフ会やられてくださいましね。Loony Lunaさまと私2人のオフ会でもこんなに盛り上がるんですから、皆さんであつまったら、どんな楽しい騒ぎになるのか...考えただけでもわくわくしちゃいます。私は参加できないでしょうが、レポートで楽しませていただきます。

ローレン君、花子さんを始め、皆さま、ロンドンにいらっしゃるときは是非ともお声かけてくださいね。お会いしませう!
posted by minira at 01:36| ロンドン ☀| Comment(97) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

私のワールドカップ考

ふるさとは 遠きにありて思ふもの
そして悲しく うたふもの...

サッカー ブラジル戦、日本惨敗でしたね。
奇跡を信じていたのに... 

ううう... 

私の祖国日本が負けてしまったよぉぉぉぉ... 
悲しいよぉぉぉぉ...
うわ〜ん ばぉ〜ん もうやだ〜(悲しい顔)

おとといの夜の試合は、ブラジルが手加減しているのが随所で如実に伝わってきたにも関わらず、日本選手が、もうそれこそ必死で戦っているのに、後半「体力」も「精神力」も持続出来ずに、その圧倒的な力の差を埋めることができなかったという感じがしました。日本は「技術力」は数年前に比べて格段に上がったと思えるのだけど、でもそれだけでは世界では勝負にならないということなのでしょうね。

それにしても中田は根性出来上がっていると思っていましたが、先日、AERAだか日経だかに書いてあった記事を読んでさすがだと感心しましたよ。
中田は中3のときから全日本のメンバーに選ばれる程の実力があり、高校に入った時点でもちろんその高校でぴか一。で、高校のサッカー部の先輩に全然敬語使わなかったそうですね。サッカーには先輩も後輩もなし。あるのは個人の力のみって気持ちだったんでしょう。一番強い自分がこのチームを引っ張っていくぞっていう自負を15歳の時から持ち続け、もう高校卒業の時には、自分が全日本をWCに連れて行くって宣言。そしてそれを実践している...ものすごい人物なんですね。
ここまでの根性、自負があってこそ、揺ぎ無い肝の据わったプレイができるんだと思いました。

中田は、その「肉体」でも海外で高く評価されてます。イギリスの新聞に、先日「WCでいい肉体を持つプレイヤー特集」という記事があったのですが、日本選手でただ一人だけ選ばれていました。日本人は骨格でハンディがあるはずなのに、中田だけは世界で堂々と通用しています。すごいです。

そうそう、川口もいいキーパーだと色んな人に褒められましたよ。川口も打たれ強い男ですよね。イギリスのポーツマスにいたとき、川口が出るたびに試合に負けることが続き、彼がゴールを許す度に、地元熱狂サポーターから噴出す野次罵倒。それに耐え続け、でも、チームには結局干される。時期同じくして4年前のWCでは控えに転落。けれど、それでもめげることなくカムバックしましたもの。粘り強い男ですよ。

中田、川口のようにタフな選手が、日本にもいるのですから、他の選手たちも何とか精神的な部分を強化して、4年後につなげて欲しいと心の底から思ったminiraでした。

ブラジル戦、メタクソな結果でしたけど、それでもオ−ストラリアとの1試合目、クロアチアとの2試合目に比べると本来の力を出し切るべくチーム全体が躍動していた部分も確かに前半には感じられました。その部分を是非とも伸ばして欲しいな。この惨敗の悔しさをばねに、それこそ逆境からカムバックした川口のように強くなって、4年後に世界の場で堂々と戦ってほしい。がんばれ、日本!

ああ、思わず熱くなっちまったぜ。

下にカウザースラウデンの写真貼り付けておきますね。
コメント欄にも書きましたが、オージーの大群が24時間かけてドイツに押し寄せていましたよ。カンガルー抱えて。
街で話したほとんどの人がチケット持ってなかったです。野外のスクリーンで観戦するために仕事休んで来たっていう人ばかりでした。

aussies.JPG

こちらは日本びいきのドイツ人サポーター。

お相撲さん.JPG

暑いのにお相撲さんになってます。ドイツ人で、日本チームを応援ひている人が結構多かったですよ。このお相撲さんに、「何で日本応援してるの?」って聞いたら、「ジーコのファンだから」って声が返ってきました。

日本のマスコミ、あんまりよってたかってジーコを戦犯扱いにして叩くなよっ!そんなことしたら、世界中の日本のサポーターが去ってくぞ〜。日本は孤立するぞ〜。
posted by minira at 00:22| ロンドン | Comment(60) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

がんばれ ニッポン!

オ〜レ〜 オレ オレ〜

いよいよワールドカップ開幕しました。
昨日はロンドンのパブはものすごい人人人。
(こちらの人はパブで皆でスポーツ観戦して盛り上がるんです。イングランド戦じゃなくてもお構いなし!)

miniraも明日の昼からドイツ入り。
12日の日本xオーストラリア戦で、声を張り上げ応援してきまっす!

でかい日の丸.JPG

大きい国旗ゲットしましたよ。
ひそそかさまのところで以前お話しましたように、これに皆さんのお名前書いて持って行きますね!

かつらという案は暑いしかさばるから止めました。

が、しっかり鉢巻締めて出陣するぞ!ウォ〜!

がんばれ、日本!.JPG
我が家のサポータたちです。

ということで、私、日月火と不在になりますが、皆様どうぞコメント欄ご自由にお使いになって、おしゃべりされてくださいまし。
ひそそかさまのところの牛乳ちゃんも具合悪いようですから、どうぞどうぞ、出張先としてご活用ください。

帰ってきたら、ドイツのお土産話、披露させていただきま〜す。
バウムクーヘンのお写真付きで。(ペコちゃん、カブ子ちゃん待っててね〜!)
posted by minira at 16:54| ロンドン | Comment(116) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

恭子さまへ おはなむけ(はあと)

思い起こせば、つたない文章を書くこの私が自分のブログなるものをもしかしたら立ち上げるかもしれないと思った最初のきっかけは、恭子さまの記事「唇に薔薇を一輪」でした。そこで私は恭子ブログの回顧マジックにかかり...思い出の蔵出しを...ばんばんと...節操もなく...

自分自身を書いて表現するのは難しいし、ちょっと恥ずかしいけど、でも、とても楽しい作業でもあるんだな、読んでもらってコメントが返ってくるとうれしいなとあの時そう感じたのでした。

あなたがいけないのです。私をこんな身体にして...



それにしても、恭子さまのブログは、今この国で咲き乱れている薔薇のよう。

バラ.JPG

気品があって、繊細で、

バラバラ.JPG

母の優しさだったり乙女の可憐さだったり妖婦のなまめかしさだったり、

バラバラバラ.JPG

様々な色や形で美しく咲き乱れていらっしゃいましたね。
たまにちくっとささる刺も、心地よかった。

バラバラバラバラ.JPG

恭子さまのブログから感じたことを私のページにもしっかり残しておきたいなと思って、再び公園へと走ったminiraでございます。

素敵な薔薇のジャングルを、この4ヵ月半、存分に堪能させていただきました。ありがとうございました。
posted by minira at 20:11| ロンドン | Comment(22) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。